キーワードでさがす

CADオペレーターに必要なスキルや能力

CADオペレーターとは

CADシステムを使用して用途に応じて設計者のアシスタントをするのが仕事です。CADオペレーターになるには資格は必要ありませんが、資格を持っていると就職や転職にも有利に働きますので、資格取得をおすすめします。CADオペレーターの主な仕事は、設計図の手直し・修正・編集です。あくまでも設計者のアシスタントという立場になりますので、プロの建築士みたいに建物の設計を行うことが仕事ではありません。

スキル・能力

CADソフトを使用できることはもちろんですが、パソコンの基本的なスキルを身につけることをおすすめします。CADオペレーターには資格は必要ないと上で述べましたが、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会が実施する、CAD利用技術者試験という資格は就職・転職に有利です。その他にも、設計士の書いた図面を読み取る能力も重要です。建築系の図面の場合は、建築業界の知識が必要となり、機械関係の場合は機械知識が求められます。

向いている人

CADオペレーターは常に、パソコン画面に向き合って仕事をこなしますので、長時間作業するのが苦にならない方が向いています。また、設計士やデザイナーからの指示や訂正箇所を見落とさずに、正しい図面を製作する必要があるため、集中力と注意力・細やかな作業が好きな方に向いています。図面から1cmでもズレが生じると、大きな事故にも繋がりますので、作業中は常に集中力を維持しながら仕事をすることが大切です。

その他にも地道な作業が好きな方、コミュニケーションを取ることが好きな方にも向いています。設計士・デザイナーなどの指示をきちんと理解し確認する必要がありますので、コミュニケーション能力は最も重要です。コミュニケーションを取ることで、仕事をスムーズに進めることができます。

CADオペレーターに就職・転職を考えている方は、アイジスをぜひご活用ください。アイジスは全国を対象に、建築・インテリア・住宅業界に特化した求人情報サイトです。職種や地域だけでなく、派遣社員・アルバイト・正社員・契約社員など雇用形態で求人情報を検索することも可能です。

Copyright© 2012 AIJIS. All Rights Reserved.