【オススメ求人】未経験・女性歓迎!住宅のリフォーム営業・現場管理者募集!(埼玉)

2021/06/25

株式会社 リ・モデル

 

年間150棟の住宅販売を営む大宝建設グループの新設会社です。
大宝建設グループで住宅を取得されたOBのお客様のお宅のメンテナンスやリフォームに携わって頂きます。

【募集する人材】

新設の会社なのでフレッシュな方を募集します!
具体的には「会社を一緒に成長させていく気持ち」を持てる方だと◎
会社の成長とともに、自己の成長、家族の幸せを実現しましょう。

【募集の条件】

●建築施工管理経験者
●建築業界に携わった方
●高所得を実現させたい方

※未経験でもやる気のある方は歓迎します!

【仕事内容】

①HP反響営業
②アフターメンテナンスの実施
③オプション、リフォームの打ち合わせ、見積、施工管理

【給与】

年収:375万円~750万円(インセンティブ別途あり)
※ご経験・スキルを考慮の上、面接で決定いたします。

☆求人内容の詳細はこちらをご覧ください。

【オススメ求人】案件ごと!オーダー家具コーディネーター募集(首都圏)

2021/06/14

株式会社ジョイクラフト

 

HP経由にてエンドユーザーに年間800件以上の納品実績を誇るオーダー家具専門店です。

GNASHでは、製造・設計・施工・メンテナンス まで一貫して自社でサービスを提供しており、 エンドユーザーとの直接取引でオーダー家具にイノベーションを起こすことを理念に活動をしております。

【募集する人材】

近年リフォームが絡んだ案件、エコカラットやアクセントクロスなどのインテリア商材も増えてきています。
そこで、オーダー家具の魅力を一緒に広めて頂ける、新たに活躍して頂ける方を募集しております。

基本は在宅勤務となりますが、研修やミーティング等で定期的に東京支店(新宿区)まで通って頂ける方を募集します。

【募集の条件】

・新築マンションのオプション家具販売の経験がある方
・オーダー家具に関して実務経験のある方
・土日対応可能な方
・CADで作図ができる方

【仕事内容】

①WEBからの見積り対応

②オーダー家具のご購入を検討されている お客様との打ち合わせ

③オーダー家具を浸透させる為のマーケティング業務

【給与】

1件:2万5千円〜
※歩合制ではないので、打合せの件数分のフィーをお支払い
させて頂いております。

☆求人内容の詳細はこちらをご覧ください。

【建築士の仕事】意匠設計の仕事とは

2020/12/21

意匠設計とは?

意匠設計の仕事は、まさに建築設計の中でも花形と呼べるものでしょう。

発注者からの依頼を図面化するのが意匠設計の担当者の役割です。

画地の環境・地域特性を踏まえて、お客様の要望を反映させた実用性の高い美しい建築物をデザインして、平面図・立面図などの設計図を作成します。

そして、住みやすさや使い勝手といった実用的要求と、内外観の美しさや周辺環境との調和といった美的要求を満たす建物の形状をデザインしていきます。

大きく分けて基本設計と詳細設計に分かれる

意匠設計の具体的な仕事内容は、大きく分けて基本設計と詳細設計に分かれます。

基本設計は施主から要望を聞き取り、それを反映し大まかな形状や間取りにしたものです。

外観、階数、高さ、大枠の面積も基本設計で決定します。もちろんある程度の変化の自由度は残しておいた上で、設計の方針を決めることが目的です。

施主が基本設計の内容に合意し、契約した後に詳細設計に入ります。

詳細設計はコンセントやスイッチの高さや位置に至るまで工事する全てのものについて決定し、図面とします。

意匠設計のやりがいと魅力

施主の要望を聞き取るところから、詳細を詰めるところまで長きに渡ってプロジェクト施主に関わるため、成功は意匠設計者の手腕にかかっています。

そのため、プロジェクトの引渡しが完了した時は大きな達成感を得られます。

また、そこに何十年も住むことになる施主にとってたった一人の設計者である意匠設計者は、ずっと感謝されることになる存在です。

意匠設計者はやりがいや魅力も十分あるといえるでしょう。

【建築士の仕事】意匠設計と構造設計の違い 

2020/12/08

建築士の仕事というと建物の外観や内観のデザインを思い浮かべる方が多いと思います。

建物の構造や設備を設計することもまた、建築設計の重要な仕事です。

ひとくちに設計といっても内容は多岐にわたるため、それぞれの特性を理解していくことが大切です。

建築士の仕事は「意匠設計」と「構造設計」に分けられます。

意匠設計とは

意匠設計は、建築におけるデザインの役割を担っています。

建築主から要望を聞き取り、間取りやデザイン、必要面積を落とし込むのは意匠設計の役割です。

クライアントの要望を聞き、内外観や間取り、造作やデザインなど建物全体の設計・デザインを担当します。

また、構造設計、設備設計のセクションの取りまとめや工事監理なども行い、建築設計全体のプロデューサー的な役割を担うことも少なくありません。

デザイン・設計のスキルに加え、コミュニケーション能力も必要となる仕事です。

構造設計とは

構造設計とは、建物の土台や柱、梁といった建築物の骨組みに関わる部分を設計する仕事です。

立地の地質や地盤、間取りを考慮するだけでなく、地震や台風、積雪などの災害に対する安全性能も計算し、設計することが求められます。

確実に安全な構造であることに加え、デザイン性を損なわずに建物として成立させるためには、緻密さ、正確さが必須となる仕事です。

 

同じ建築設計でも、担う役割は全く違います。

次回は更に詳しくそれぞれの仕事内容を見ていきましょう。

 

【建築・インテリア業界の仕事】CADオペレーター

2020/11/10

建築業界で働くCADオペレーターの役割とは

CADオペレーターはコンピュータ上の設計支援ソフト、CADソフトを操作して様々な設計製図を行うのが主な仕事です。

建築業界におけるCADオペレーターの業務は、従来は手描きで描かれたラフ図面を元に、CADに正確な寸法値を入力する、というようなアナログ図面をデジタル図面としてトレースする仕事が一般的でした。

しかし近年は、手書きによるラフ図面を省略し、設計者が直接CADで、平面図を作図することが多くなっています。

そのため現在は主な作図は設計者が行い、CADオペレーターは編集や修正作業、平面図から情報を読み取り、断面図や展開図を作図する作業を行うというスタイルで仕事が進められています。

CADオペレーターになるために必要な事

CADオペレーターになるため必要なスキルは以下の通りです。

●パソコン操作やCADデータの取り扱いスキル

●CADソフトに関する専門的な知識

●業界に関する専門的な知識

CADオペレーターの業務には、CADの知識やその業界の専門的な知識、業務に関する全般的なスキルが必要です。

また、CADソフトの種類は多く、ソフトによって操作方法は大きく違うこともあるため、会社が使っているソフトの知識も欠かせません。

そうしたCADの資格を取得していれば、就職や転職でアピールしやすくなります。

CADの資格の中でも、建築業界で有利となるのが「CAD利用技術者試験」や「建築CAD検定試験」です。

建築・インテリア業界に強いCAD関係の資格とは

「CAD利用技術者試験」は特に建築業界や機械製造で仕事をする上で、持っていると転職に有利になります。

また、「建築CAD検定試験」という資格は建築系の設計をしたい人におすすめです。

そして、インテリアのCAD設計に関わりたい人に向いているものとして「Vectorworks操作技能認定試験」があります。

 

いかがでしょうか。

CADオペレーターは建築・インテリア業界に必要不可欠な職種なので、スキルを身に付ければ今後も安定して働くことができるおススメの職種といえます。

【インテリア業界の仕事】インテリアコーディネーター その2

2020/09/24

インテリアコーディネーターの魅力

インテリアコーディネーター仕事の一番魅力は、お客さまの希望に沿ったインテリアコーディネートを実現させ、感謝されたり、喜んでもらえることです。

インテリアコーディネーターは、お客さまが生活する住宅の壁紙や照明・家具など、内装のあらゆる面に関してプレゼンテーションを行います。

その結果、自分自身もお客さまも納得いく居住空間ができたときには、大きな達成感を味わえます。

またインテリアコーディネーターは一生続けられる仕事でもあります。

経験を積めば積むほど自分の中の引き出しが増え、仕事にも生かされます。

インテリアコーディネーターは年を重ねることが一概にデメリットにはならず、経験を積むことでお客さまから信頼を得易くなる仕事なのです。

 

今後インテリアコーディネーターに求められる役割とは

インテリア・建築業界は、少子高齢化などの影響で新築物件が減り、中古物件を再利用するためのリフォームが増えてくると予想されています。

そういった中で、活躍が期待されているのがインテリアコーディネーターです。

リフォーム案件は新築住宅よりも制約が多く、建築に関するより深い知識と経験が求められるので

単にインテリアに詳しいだけではプロとしての仕事は難しいといえます。

住宅の構造や法規、給排水や電気などの工事関連、耐震や断熱などの住環境といった分野の知識を積極的に学び、身につけることが重要です。

インテリアコーディネーターは、その空間が快適で使い勝手のいい場所になるかどうかを大きく左右するとても大切な仕事です。

経験を積み重ねながら新しい情報や知識を吸収する姿勢を持ち続けることが、これからのインテリアコーディネーターに求められる姿勢といえるでしょう。

インテリアコーディネーター資格試験の直前対策はこちら! 

2020/09/16

SDクリエイティブスタッフでは、インテリアコーディネーター資格試験の

1次試験直前対策のための模擬試験(在宅)を実施しております。

無料で受験して頂ける模擬試験ですので、是非ご活用頂ければと思っております。

詳しくは、当社で運営しておりますWebサイト「インテリアBiz+」にてご覧ください。

実施スケジュールは以下の通りです。

 

2020年9月15日(火)~お申込み者に随時問題を配布中

2020年9月23日(水)14時・・・解答及び解説動画の配信

 

費用:無料

詳しくはこちらから

https://www.interior-info.aijis.jp/%E3%
82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2%
E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8D%
E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E8%B3%87%E6%A0%BC%
E8%A9%A6%E9%A8%93%E7%9B%B4%E5%89%8D%E6%A8%A1%
E8%A9%A6

【インテリア業界の仕事】インテリアコーディネーター その1

2020/09/14

インテリアコーディネーターとは

インテリアコーディネーターは、あるひとつの空間の用途に合わせて、空間を構成する各要素において適切な色や素材、デザインなどをバランスよく組み合わせ、最適なコーディネートを行うのが主な仕事です。

対象とする空間は住宅が多いですが、オフィスや店舗、医療施設、商業施設など多岐にわたります。

どんな雰囲気の空間にしたいのか、その空間でどのように過ごしたいのかといったクライアントの要望に沿いつつ、空間全体のバランスを見ながらプロとしてプラスαのコーディネートを提案していきます。

 

インテリアコーディネーターの仕事内容

お客様の要望をヒアリングした上で建物内のインテリアについてアドバイスし、総合的にその空間をコーディネートすることがインテリアコーディネーターの大切な仕事です。

お客様と打合わせを重ねながら、そのイメージを具現化するためのプランを立てていきます。

具体的な仕事内容は以下の4つに分けられます。

①コンサルティング…お客様の希望や予算などを聞き、専門家の立場からアドバイス。

②プランニング…要望に沿ったプランを作成。全体の雰囲気やレイアウトから具体的なイメージまで固めていきます。

③商品セレクト…内装材や家具など、最終的なイメージに沿った商品をセレクト。

④プレゼンテーション…図面や資料、立体モデルなどを用いてイメージをビジュアル化。お客様に提案します。

 

インテリアコーディネーターになるために有利な資格とは

インテリアコーディネーターに関連する資格は以下の通りです。

●インテリアコーディネーター

インテリア産業協会が認定する、インテリアに関する幅広い商品知識を持ち住む方にとって、快適な住空間を作るためのインテリア計画や商品選択のアドバイスすることを目的とした資格です。

インテリアコーディネーターを目指すなら、まず押さえておきたい資格です。

※インテリアコーディネーター資格については、こちらをご覧下さい。

【資格アレコレ】インテリアコーディネーター資格試験

●福祉住環境コーディネーター

高齢者や障害者へ住みやすい住環境を整備するためのコーディネートすることを目的とした民間資格です。

※福祉住環境コーディネーター資格については、こちらをご覧下さい。

【資格アレコレ】福祉住環境コーディネーター資格試験

●建築CAD検定
建築用図面を「CAD」を使って描く技量を測る試験。准1級・2級・3級・4級まであり。
(全国建築CAD連盟 主催)

●建築士
建築物の設計及び工事監理、その他手続き等を行うことを目的とした国家資格です。

●建築施工管理技士
施工管理技士国家資格のうちの1つで、資格には1級と2級があります。

【インテリア業界の仕事】インテリアデザイナー その2

2020/09/05

インテリアデザイナーになるには?

 

インテリアデザイナーとなるために、必須資格や経験はありません。

しかし、活躍している人の多くはデザイン系の専門学校や美術大学でデザインなどについて学んだ経験がある人が多いのが現状です。

 

必須資格はありませんが関係する資格は複数あり、民間資格である「インテリアデザイナー」や業務内容が近似する「インテリアコーディネーター」、「インテリア設計士」などが挙げられます。

また企画や設計段階に深く携わることができるため、「建築士」の資格を保有しているインテリアデザイナーも多くいます。

 

インテリアデザイナーのやりがい

 

インテリアデザイナーは個々の案件について初期から関わります。

そのため企画スタートから完成に至るまでは、数か月から数年に及ぶこともあります。

さまざまな過程で苦労もありますが、無事に仕事を完遂した瞬間には、大きなやりがいと喜びを感じられるでしょう。

また、ひとつの案件には、クライアントをはじめとして、建築士や大工、現場監督、内装業者など、多くの人が関わります。

そういった仕事を通じて得られた仲間との絆はかけがえのない財産となります。

 

インテリアデザイナーの苦労とは

インテリアデザイナーは実は肉体労働も多い仕事です。

作業着を着て現場で大工仕事をしたり、資材調達に走り回ることもよくあります。

納期が迫ってくれば、朝から晩まで業者の手配や装飾品の制作作業に追われることもあり、泊まり込みになることも珍しくありません。

華やかなイメージの仕事ですが、実際には体力仕事もこなさなければならないので、体力精神力ともにタフであることが求められます。

インテリアコーディネーター資格試験 直前対策模試(無料)

2020/09/01

インテリアコーディネーター資格試験の1次試験まであと1カ月半ほどになりました。

ラストスパートで勉強に取り組んでいらっしゃる方に直前対策模擬試験の

ご案内をさせて頂きます。

 

当社で運営しておりますWebサイト「インテリアBiz+」にて

直前対策模試の実施と解説動画の視聴を無料で行って頂けます。

実施スケジュールは以下の通りです。

 

2020年9月15日(火)14時・・・問題配布

2020年9月23日(水)14時・・・解答及び解説動画の配信

 

費用:無料

お申込みはこちらから

→https://www.interior-info.aijis.jp/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93%E7%9B%B4%E5%89%8D%E6%A8%A1%E8%A9%A6

キーワードでさがす

Copyright© 2021 AIJIS. All Rights Reserved.