1月, 2017年

インテリア業界の仕事01 「インテリアコーディネーターとして働くには?」

2017-01-25

インテリアコーディネーターは、住宅や商業施設など様々な
クライアントに対して、インテリアに関するアドバイスをする
仕事です。
華やかなイメージから、若い女性に人気の職種でもありますが、
今回は、そんなインテリアコーディネーターの仕事に就くには
どうすれば良いのかについて、みていきましょう。

 

①資格取得→関連企業に就職、が王道ルート

実は、インテリアに関する業務を行うのに特に資格は
必要ありません。
インテリアコーディネーター資格は、インテリア産業協会が
設けた民間資格であり、インテリアコーディネーターの仕事に
携わるための絶対条件ではないのです。
しかし、インテリアコーディネーター試験の合格率は、例年
20%~30%となっており、決して簡単なものではありません。
そのため、絶対必要ではないにしても資格を保持しておけば、
インテリア業界での就職にはプラスとなります。
②難関の一次試験

インテリアコーディネーター資格試験は、一次と二次があり、
一次試験の難易度が特に高く、約70%の受験者がここで脱落します。
試験内容も、インテリアコーディネーターの仕事に関することから、
インテリア産業の発展の過程や二級建築士資格試験と同程度の
建築知識に至るまで、建築・インテリアに関する幅広い知識が
求められるのです。
学校に通ったり通信教育を利用する人もおり、社会人が働きながら
資格を取得するには、相当の熱意が必要だと言えます。
③有資格者でも実務経験なしがネックに

異業種からの転職者も多いインテリアコーディネーターの仕事。
しかし社会人の場合、難関を突破してインテリアコーディネーターの
資格を取得したとしても、実務経験がなければ正社員としての就業が
難しいのが実情です。
そのため、まずはアルバイトや派遣社員として経験を積み、その後
正社員としての就職を目指すのも良いでしょう。
次回は、インテリアコーディネーターの具体的な仕事内容について
見ていきましょう。

建築業界の仕事(7)「女性建築士の現状は?」

2017-01-18

従来、建築士というと「男性の仕事」というイメージが強く、
女性にとっては敷居が高い世界でした。
しかし平成27年の2級建築士資格試験の合格者の男女比は
男性が約65%、女性が約35%となっており、女性合格者が
全体の約3分の1を占める結果に。

また、世界を舞台に仕事をする女性建築家も増えてきており、
女性の活躍が顕著です
そこで今回は、女性建築士の現状について、みていきます。

 

●女性ならではの感性や視点が強み

女性建築士が増えている理由のひとつに、女性ならではの感性や視点が
評価されていることが挙げられます。
建築士への依頼のなかでも最も多い戸建住宅の設計です。
戸建住宅の設計においては、日々家事や育児に励む女性にとって、
いかに機能的で居心地の良い空間であるかが大切です。
そういった点から考えると、実際に「現役妻やママ」であることも多い
女性建築家の方が、家事をスムーズに行うための導線の作りや、使い
やすいキッチンの構造などを身を以て知っています。
また、同じ立場である女性の声に、親身になって耳をかたむけてくれる
のも多いでしょう。
こういった女性ならではの視点や感性が生きることで、デザイン性だけ
でなく、機能性の高く過ごしやすい住宅が完成するのです。

 

●きめ細やかな対応力

女性建築士が求められるもうひとつの理由が、きめ細やかで丁寧な対応力です。
もちろん、男性でも丁寧な仕事をする建築士はたくさんいます。
しかし些細なことに気が付いたり、丁寧な心配りという面は、女性の方が
得意とするところです。
また、女性ならではの柔らかい雰囲気は「こんなことを聞いたら怒られるかも」
というような些細な疑問も相談しやすく、実際に工務店の男性スタッフや大工
さんになかなか分かってもらえなかったイメージもすぐに察して貰えて非常に
助かったといったクライアントの声もたくさん聞かれます。
女性ならではきめ細やかな配慮は、依頼主の満足度に大きな影響を与えるもの
なのです。

いかがでしょうか?
他の職種であればマイナスになりがちな結婚や出産でのブランクも、
建築士という職業においては、仕事の幅を広げることにつながります。

次回は建築士の仕事の将来性について、みていきましょう。

建築業界の仕事(6)「建築士の仕事で苦労する事とは?」

2017-01-10

建築士の仕事は自分のアイデアがそのまま形として残り、
社会的な責任も大きく、ヤリガイのある魅力的な仕事です。
しかし、それだけに実際の現場では苦労もたくさんあるようです。
今回は、建築士の仕事で苦労する事についてみていきましょう。

 

●予算とデザイン性、安全性の板挟みに・・・

建築士に依頼が入る設計案件の中でも件数が多いのが、
戸建住宅の設計に関するものです。
マイホームは一生に一度の大きな買い物。
クイアントは様々な夢や希望を持って、建築士に
依頼をします。
「木のぬくもりを感じる家にしたい」、
「リビングの天井は高くして、開放感のある雰囲気にしたい」
など、依頼主は間取りやデザインに様々な理想を持っています。
しかし、予算との兼ね合いで諦めざるを得ないことも多いのが
実情です。
また、地震が多い日本では耐震性も重視されるため、
安全性の面から断念せざるを得ない場合もあります。
建築の素人であるクライアントには建築士の説明が理解できず、
クライアントの希望と現実の間のジレンマに悩まされることも
少なくないようです。

 

●締切に追われる

少人数で運営される建築事務所が最も苦労するのが、
締め切り前の追い込み作業です。
設計の依頼には必ず締切があり、それに間に合わなければ
信用に関わります。
小さな建築事務所にとって、信用を失うことは命取りです。
悪評が広まると、次回からの仕事の依頼がぱたりと途絶えて
しまします。
特にいくつもの締め切りが重なったり、クライアントに納得
してもらえずやり直しを余儀なくされる場合は、深夜までの
作業が何日も続くこともあります。
心身ともに追い込まれ、体調を崩す建築士も決して少なくは
ありません。

 

●実力がなけば生き残れない

平成26年の建築士登録状況によると、難関資格と呼ばれる
一級建築士ですら全国で約35万人の登録があります。
建築士の世界はとてもシビアです。資格を取得しただけでは、
スタートラインに立ったに過ぎず、就職すらままなりません。
センスを磨き、独自性のあるアイデアを打ち出し、さらに
勉強を重ねなくては生き残っていくことはできないのです。
このように見ていくと、建築士を目指すには相当の覚悟が
必要なことがわかるはずです。
建築士の資格を取得後に挫折し、他業種に転職する人も後を
絶ちません。

次回は、女性の建築士の働き方についてみていきます。

キーワードでさがす

Copyright© 2012 AIJIS. All Rights Reserved.