【職種について】インテリアデザイナー

2013-03-05

インテリアデザイナーとは

住居やお店、オフィス、ホテル、公共施設などの企画・設計までの室内空間(インテリア)をデザインします。
内装の企画から設計、工事監理までを幅広く担当する仕事です。

安全性や快適さを考慮しながら、設計やデザインを行います。
建築会社、設計事務所や業界の関連の企業に就職したり、大型商業施設やチェーン本部の設計部などで活躍しています。
独立してフリーランスで働くデザイナーもいますが、はじめは企業や会社に就職し、知識や技術を身につけながら経験を積み、人脈を作ることも大切です。

必要な資格

特定の資格がなければ、できない仕事ではありませんが、取得しておくことで有利になったり、あるいは実際に仕事を進める上では専門知識が必要になることが多いです。

・おもな関連資格
インテリアプランナー、1級・2級建築士、木造建築士、インテリア設計士
照明コンサルタント、カラーコーディネーター検定、色彩能力検定 

インテリアデザイナーになるには?

資格を持っているからなることができるとは限りません。
資格そのものよりも、資格取得の過程で学んだ技術や知識が大切になってきます。
実際の仕事の現場においてはプレゼンスキルや調整能力、CADやイラストレーター(Adobe Illustrator)、フォトショップ(Adobe Photoshop)、図面作成技術(CADなど)が求められます。現在はパソコンを用いて仕事を進めることが多いので、パソコンスキルも重要です。
専門学校や専門の通信講座、あるいは独学で学ぶことになりますが、転職活動時に使用する資料として活用することを前提に、課題や、提出物など、就学中から積極的に取り組んでまとめておくと、役立てることができます。

キーワードでさがす

Copyright© 2012 AIJIS. All Rights Reserved.