【インテリア業界の仕事】インテリアコーディネーター その2

2020-09-24

インテリアコーディネーターの魅力

インテリアコーディネーター仕事の一番魅力は、お客さまの希望に沿ったインテリアコーディネートを実現させ、感謝されたり、喜んでもらえることです。

インテリアコーディネーターは、お客さまが生活する住宅の壁紙や照明・家具など、内装のあらゆる面に関してプレゼンテーションを行います。

その結果、自分自身もお客さまも納得いく居住空間ができたときには、大きな達成感を味わえます。

またインテリアコーディネーターは一生続けられる仕事でもあります。

経験を積めば積むほど自分の中の引き出しが増え、仕事にも生かされます。

インテリアコーディネーターは年を重ねることが一概にデメリットにはならず、経験を積むことでお客さまから信頼を得易くなる仕事なのです。

 

今後インテリアコーディネーターに求められる役割とは

インテリア・建築業界は、少子高齢化などの影響で新築物件が減り、中古物件を再利用するためのリフォームが増えてくると予想されています。

そういった中で、活躍が期待されているのがインテリアコーディネーターです。

リフォーム案件は新築住宅よりも制約が多く、建築に関するより深い知識と経験が求められるので

単にインテリアに詳しいだけではプロとしての仕事は難しいといえます。

住宅の構造や法規、給排水や電気などの工事関連、耐震や断熱などの住環境といった分野の知識を積極的に学び、身につけることが重要です。

インテリアコーディネーターは、その空間が快適で使い勝手のいい場所になるかどうかを大きく左右するとても大切な仕事です。

経験を積み重ねながら新しい情報や知識を吸収する姿勢を持ち続けることが、これからのインテリアコーディネーターに求められる姿勢といえるでしょう。

キーワードでさがす

Copyright© 2020 AIJIS. All Rights Reserved.